【フランスワーホリ】計画書と履歴書の詳しい書き方を説明!

スポンサーリンク

こんにちは。なおです。

だいぶ期間が空いてしまいましたが、

フランスワーホリの計画書と履歴書の詳しい書き方を紹介します。

まずは、ワーホリ申請の全体の流れ。

フランスのワーキングホリデービザの難易度について

フランスのワーホリビザ取得は簡単?通らない?実際に取ってみたよ!

実際のワーホリビザ申請の流れ

【フランスワーホリ】長期ビザ申請書の正しい書き方!詳しく!

【フランスワーホリ】申請動機作文の書き方!詳しく説明!

・【フランスワーホリ】計画書と履歴書の詳しい書き方を説明!←今これ

【フランスワーホリ】残高証明書・宣誓書の詳しい説明!

・【フランスワーホリ】健康診断書・海外保険証明書の詳しい説明!

フランスワーホリの私の保険

ワーホリの海外保険はグローブパートナー!長期滞在や世界1周も必見!

おすすめの持ち物

ワーホリや海外旅行に行く際、日本から絶対持って行った方が良いものを紹介!

この中でも、フランスワーホリの申請書類で結構手間なのが計画書です。それに比べて履歴書は結構簡単に書けるかなという感じですね。

これについての書き方、私が書いた内容などを紹介していきます。

計画書の書き方

計画書の一見やっかいなところは、

・フォーマットがないので、1から作らないといけない

・言語は「英語」もしくは「フランス語」

この2つですね。

でも、思ったより簡単で、計画自体も結構アバウトに書いても問題なかったので、サクッといけるかと!!!

頑張りましょう!!

計画書の詳しい内容

いろんな方の、ブログを参考にして私が書いたのはこんな感じ。(英語で書きました。)

計画表

2017年12月〜2018年3月の間

・どこどこに到着予定です

・アパート探します

・3ヶ月どこどこで学校に行きます

・フランス語勉強します

・クリスマスと年末年始のイベント参加します

2018年4月〜5月の間

・フランス1周します

2018年6月〜7月の間

・どこどこでカフェかレストランの仕事を探します

・美術館や有名な市場なども見学します

2018年8月〜10月の間

・どこどこに引っ越しします

・ぶどう畑で働きます(ワイン)

・ワインのイベントに参加します

2018年11月〜12月の間

・住みやすいところに移動します

・イベントに参加したり有名なレストランに行ったりします

2018年12月

・日本に帰国します

実際に書いたものはこんな感じ↓

正直めちゃくちゃアバウトです。笑

いつに何をするかが、おおよそで分かれば十分だと思います!

また、言語は「英語」か「フランス語」どっちがいいのか?ということですが、

得意な方でいいです。特にフランス語だから有利とういこともないと思います。

むしろ、フランス語がまったくわからないのに無理してフランス語で書いて、意味が伝わらないよりは、英語で書いてしっかり伝わる方がいいので、(逆も然り)得意な方でサクッと書いちゃいましょう!♪

計画書の注意点

注意したいのは、

・申請動機書と一致しているかどうか

・専門的なことを書きすぎていないかどうか

の2点ですね。

申請動機書には、何をするかを書く必要があるので、そこで書いた内容は計画書にもしっかり入れ込むようにしましょう!

あとはとにかく、観光がメインでフランスを楽しむために行きます!という感じの

計画書にすることです!

専門的なパティシエとかの職を探す計画書や、フランス語の語学目的だけの計画書などは、ワーホリビザでは通過しない可能性があるので、気をつけて下さい。

履歴書

履歴書もフォーマット自由で、言語は「英語」「フランス語」のみになっています。

私は、フランス語が全然できなかったので英語で書きましたが、えみさんはフランス語で書いてました。

これに関しては、提出時はどちらでも問題ないですが、もしワーホリ中に仕事をする予定がある人は、フランス語で書いておくことをおすすめします!

フランス語の履歴書があれば、仕事探しの時のレジュメとしてすぐ提出できるので。

履歴書の内容

これはただの一例ですが、

内容の流れ的には、

履歴書

(名前などなど)

職歴

・期間と会社名と何をしていたか

学歴

・何年の何月に大学もしくは高校卒業

(最終学歴のみ書きました)

言語

・日本語と英語とフランス語についてどのくらいのレベルかを書きました。

資格

・運転免許などの資格を書きました。

実際エミはこんな感じの流れで書いてました。

計画書に続き、こっちも結構アバウトです。笑

特に職歴がしっかりしていないといけないとか、学歴があった方がいいとかは関係ないので、ありのままを書くだけです。

言語に関しても、資格に関しても一般に持ってるものを書けば十分です。

また自分は、これに好きなこと(趣味)も付け足して書きました。

履歴書の注意点

履歴書の注意点は

・専門的なことは書きすぎない

ということです。計画書とかぶりますが、

具体的に専門的なことを書くのは避けた方がいいので気をつけて下さい。

まとめ

ワーホリ申請書類の中で唯一フォーマットがなく自由な形式なのが、「計画書」と「履歴書」なので、戸惑う部分はあるかもしれませんが、そんなに難しくはないので安心してください!

多くの人がブログに参考例をあげていたりするので、それらのフォーマット(形式)を参考にして書けば十分だと思います。

あとは、注意点だけ気をつけて書けばオッケイです!!

頑張りましょう!!

フランスのワーキングホリデービザの難易度について

フランスのワーホリビザ取得は簡単?通らない?実際に取ってみたよ!

実際のワーホリビザ申請の流れ

【フランスワーホリ】長期ビザ申請書の正しい書き方!詳しく!

【フランスワーホリ】申請動機作文の書き方!詳しく説明!

・【フランスワーホリ】計画書と履歴書の詳しい書き方を説明!←今これ

【フランスワーホリ】残高証明書・宣誓書の詳しい説明!

・【フランスワーホリ】健康診断書・海外保険証明書の詳しい説明!

フランスワーホリの私の保険

ワーホリの海外保険はグローブパートナー!長期滞在や世界1周も必見!

おすすめの持ち物

ワーホリや海外旅行に行く際、日本から絶対持って行った方が良いものを紹介!

よんでくれありがとうございました!!

合わせて読みたい

【フランス】でWWOOF!オーガニック農家で住み込みで働いたよ!

モロッコのフランス語学校に入ってみたらこんなところだった。

【フランス】フランスの物価って高いの?実際は日本よりも安かったりするよ!

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする