ワーホリの海外保険はグローブパートナー!長期滞在や世界1周も必見!

スポンサーリンク

こんにちは。なおです。

海外保険を安く済ませたい!けど、しっかりした保険に入りたい!

海外から(途中で)保険に入りたい!

世界一周やワーホリの際に保険に入りたい!

という方は、今回の記事必見です。日本の保険の半額以下で、保証もしっかりしている保険の紹介です!

実際私たちも1年利用しました。

保険金請求もしています。

関連記事【方法・詳細】グローブパートナーで保険金請求(クレーム)をしてみた!

海外保険は絶対に入ろう!

海外に行く人は、絶対に入るべきなのがこの海外保険。韓国に2泊3日で行く人も入っておいたほうがいいですよ。これはマジで!車の保険と同じくらい大切です。

私は、100%の確率でどこにいくにも海外保険に入ります。

海外の病院でお世話になったことはないけど、いつお世話になってしまうかわかりません。そうなったら目が飛び出るくらいの金額を払うことになります。実際にこれで何百万の借金を背負った人も知っています。笑えない!

長期の海外保険は高額?

ただ、なんで海外保険に入らない人が出てくるかって、海外保険って結構高いんですよね。1ヶ月以内なら安いもんですけど、これが長期となるとびっっくりな金額です。

ワーホリや留学、世界1周した経験がある人はわかるかもしれませんが、めっちゃ高いです!

ただ、これは”日本の海外保険会社”を利用したらの場合です。

そう。日本の保険会社って海外に比べるとすごい高いんです。

私たちも、フランスに来る前に長期保険を探していて、日本の色々な保険会社に問い合わせてみました。安いところで、だいたい1年で1人20万円くらい。プラスモロッコもいくので25万円くらかな?

だから2人で50万はいるね〜って感じでした。

ただ、ひょんなことから海外の保険会社も見てみたんです。そしたら!海外の保険だったら安いじゃん!!

1年で10万以下の保険ばかりでした!

その中で、私たちが選んだ保険はグローブパートナーという保険会社です。

ドイツ資本のアリアンツフランスが販売している保険商品です。

海外旅行保険グローブパートナーとは?

こちらがグローブパートナーのホームページ!

海外旅行傷害保険グローブパートナー

これでみてもらえれば分かりますが、1年540ユーロから契約可能なんです!!

540ユーロっていうことは、現在のレートが1ユーロ=約136円なので、72000円ほどです。

国によって料金は違いますが、日本→ヨーロッパは1年で540ユーロで保険に入ることができます。

私たちはフランスワーホリなので、1年で540ユーロを支払って保険に加入しています。

モロッコもこの保険を3ヶ月契約しました。

グローブパートナーの主な保険内容はこちらです。

  • 入院・通院・薬・検査等の医療費
  • 自国までの緊急移送等のアシスタントサービス
  • 個人賠償責任補償
  • 傷害死亡後遺障害補償
  • 自国から渡航地までの往復時の寄託手荷物補償

具体的な補償内容についてはこちらから↓

保険料と補償内容について

基本的な補償は付いているという感じですね。

ただ、この保険は用途や人によっては、向いている人と向いていない人がいるので、それについて説明していきます。

グローブパートナーのメリット

メリットをご紹介します!

・価格が安い

これは旅人やワーホリ勢にとって大きなメリットですね。日本の保険会社の半分の料金で加入できます。

・基本的な補償は補ってくれる

価格が安いからといって補償がお粗末なわけではないです。必要最低限の補償はありますね。

・歯科治療の負担がある

歯科治療は、日本の保険でも補っていないことがありますが、グローブパートナーは100%負担して貰えます!

歯の心配がいらない!

・海外にいる途中でも加入可能

日本の保険会社を利用した場合は、日本出国前にしか加入できません。

しかし、このグローブパートナーは海外の旅先でも簡単にインターネットから数分で加入完了です。

・延長が自由にできる

日本の保険会社は、海外保険の1年以上の延長を受け付けてくれないことが多いです。しかし、グローブパートナーについては延長自由です。

・24時間365日の日本語アシスタント対応

海外の保険ですが、日本専用デスクがフランスのパリにあり、基本的に日本語で対応可です。私も日本語でメールや電話のやりとりをしました。

また、入院時は、24時間365日日本語アシスタント対応となっています。

グローブパートナーのデメリット

海外の保険会社ということもあり、デメリットも結構あります。

・キャッシュレスがない

基本的にキャッシュレスの対応がないので、怪我や病気になって病院に行った場合、1度自分でお金を立て替える必要があります。

※入院時はキャッシュレス対応可

携行品損害がない

これは大きなデメリットですね。ものを盗まれたり、壊れたりしてもまったく補償がありません。

※居住国から渡航先への往復中の飛行機での補償はあり

・早期にやめても返金なし

例えば1年で契約して半年で帰ってきても、半年分の返金はありません。

・通訳や病院の手配はなし

これも大きなデメリットです。病院に行く際、通訳などの対応や病院の手配のサービスなどはありません。

なので、渡航先の言語か英語が、ある程度話せる必要があります。

・保険金を請求する場合、原本をパリに送る必要があり

保険金を請求する場合は、必ず原本が必要です。そして、パリに郵送する必要もあります。(郵送費は実費負担)

少し手間がかかりますね。

グローブパートナー加入に向いている人、向いていない人

上記のメリットデメリットによって、グローブパートナーの保険に向き不向きが出てきます。参考にしてください!

こんな人はグローブパートナーに加入すべき!

・渡航先の言語や、英語がある程度話せる

・とにかく保険料を安く抑えたい

・途中で延長するかもしれない

・現在海外旅行中で、すぐ保険に入りたい

こんな人はグローブパートナーは不向きかも。

・渡航先の言語、英語にあまり自信がない

・高額なカメラやガジェット系を持ち歩く人

まとめ

私たちは、このグローブパートナーに向いている方だったので、この保険に加入しました。特にフランスに支店があるというのが大きかったです。

(フランスのワーホリは申請時に保険加入が必須で、証明書の原本が必要ですが、それもグローブパートナーはしっかり対応してくれますので安心してください。)

世界1周している人や、長期滞在している人もこの保険を使っている人は最近多くなってきてるみたいです。

保険で悩んでいる人がいたら、グローブパートナーもおすすめですよ!!

読んでくれてありがとうございました!

良かったと思ったら、クリックお願いしまーす!
ポイントが入り見てくれる人が多くなります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合わせて読みたい

英語学習に本当に役立つ!このYouTube動画で英語を勉強しよう!

世界中の家に泊まれるAirbnbって何?

海外旅行に行きたいなら、今すぐ格安SIMにすべき!

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする