モロッコのフランス語学校に入ってみたらこんなところだった。

スポンサーリンク

はい。こんにちは、なおです。

ここモロッコのマラケシュは、今日もまだ暖かいです。夜と朝方は寒いけど。

私たちがモロッコにいる理由といえば「フランス語留学!」です。

モロッコでフランス語!?と思う方はいるかもしれませんが、モロッコではフランス語が公用語でほとんどの人がフランス語を話すことができます。

そして、私たちがいっているモロッコのフランス語学校って実際どんな感じ?ということをお伝えします。

これからモロッコでフランス語を勉強する人はどんどん増えていくと思うので、参考にしてください。

モロッコのフランス語学校について

モロッコのフランス語学校ってどんな環境?

私たちが通っているフランス語学校は、Institut français de Marrakechというフランス政府が運営している学校です。

入学方法は、いたってシンプルで直接学校に行き入学テストを受ける(簡単な)

その結果によってレベル別のクラスに分けらます。

ちなみにフランス語はほぼゼロの状態だったので、1番初級のクラスでした。

えみは中級より少し下くらいのクラスかな?

クラスに入る前の私たちは、こんな会話を

フランス語やばいけど、一番下のクラスだからみんな私みたいなもんでしょ。大丈夫大丈夫!

うんうん。そうだね!もしかしたら日本人もいるんじゃない?楽しみ!!

はい。今やこんな会話をしていた私たちを殴ってやってやりたいです。

まず、その言葉を発した数分後に学校に着くわけですが、早速予想外の展開が二人を待ち受けています。

学校につくと、クラスがまだ決まっていないので校門の前で人だかり。そこには、、

どこを見渡しても、明らかに現地のモロッコ方々ばかり・・・・。

左を見ても右をみても前を見ても、モロッコ人。

しかし、そんな状況でもまだ、前向きです。

いやこの人たちとは、違うクラスでしょ!だって地元人だったらフランス語ある程度出来るじゃん。初心者クラスの人たちじゃないよ!

そうだね。日本人どころかアジア人すら見当たらないけど、クラスいったらいるよね!うんうん。

はい。殴ってどうぞ。

そうしているうちに、クラスごとの先生がきてクラスごとに集められ、教室に行きました。ん?なにかおかしい・・。血の気が引いていくのが、自分でもわかるくらい。
さっきの余裕はいったい・・・。

周りは先ほど見た、現地のモロッコの方ばかり。むしろ、私以外全員モロッコ人?の中に完全にアウェイな状態の女なのか男なのかわからない日本人の自分。(1クラス15人前後)

しかし、そんなアジア人一人の緊張お構いなしに授業が始まる。

先生:「ブラブラブラブラ〜ブラブラブラブラ〜」

みんな:「ブラブラブラブラ〜」

先生:「ブラブラ〜ブラブラブラ〜」

みんな:「アハハハハハハハハ!」

おろおろおろおろ・・・。

ほんとにこれくらいの顔になっていたと思います。ただひたすら呪文を聞いてるいる感じ。

ん?本当に初級????ってくらいみんなバリバリ話せる環境にただただボケーとする私。

その頃の私の心境は、

全然みんな初級じゃないじゃん・・。初級の意味・・。泣

モロッコの人たちは、フランス語が母国語ではありません。もともとフランス領だったことからフランス語が根付いて、多くの人がフランス語を話せますが、その大半のモロッコ人はしっかりフランス語を勉強していないのです。なので、話せるけど、書けない、本当の文法もわからないという人が多いです。そういった経緯で、このような語学学校でフランス語をもう一度しっかり学ぶために来ているということです。

といったモロッコ事情により、文法も単語の綴りもよくわからないけど喋れちゃうよ。ということです。なのでみんな本当に初級でも話せる!聞ける!

そんな中でのまったく話せないアジア人1人。さっそく泣きそうでした。笑

しかし、実際何も分からずポケーとしている私に、これでもかというくらい(耳の遠いおじいちゃんに話しかける感じ)ゆっくりなスピードと、これでもかといわんばかりかのダイナミックなボディーランゲージで質問をしてくれる先生。

そして、答えにつまっていると、クラスのみんなが助けてくれて、直してくれる。意味不明なことを言ってしまっても、みんなで笑ってくれる。

初級なのにこれって・・。と地獄かと思ったし、クラスの中のばかキャラは確定したけど、先生と生徒のみんなは本当に優しいんです。

最初の授業が終わったあと、エミと合流し話したところ、エミも同じ状況に陥っていたそうです。笑

本当にみんな話せすぎてびっくり。初日からばかキャラになったよ〜。

そこまで一緒なの!私たちのせいで、日本人はバカキャライメージがついちゃうね〜笑

とういことで、モロッコのフランス語の環境は、

  • 現地人の中に混じるので、初級でもみんなペラペラ
  • 基本的にアジア人はいないか、少ない
  • 先生も生徒も本当に優しい

授業はどんなことをするの?

これは、レベルや先生によって少しずつ違ってはくると思いますが、

私のクラスは基本的に、教科書に沿って文法を進めていって、それをつかって様々な形(友達への手紙だったり、メール形式だったり)でお題が出させるから、それを考えて1人ずつ発表する感じかな。

私たちのクラスもそんな感じかな〜!最初は、何気ない会話をクラスで話して、そこから文法や単語系を勉強して、最後にグループで話したり、みんなで討論したりって感じだよ。

このように、授業内容については、基礎的な文法や単語を学ぶ時間もあり、しっかり会話や討論するスピーキングの時間があるという感じです。

また、モロッコだから質が落ちるとかもないです。先生もモロッコ人ですが、授業の進め方や教え方もとても上手だなと感じます。

私もカナダでフランス語の語学学校いってたけど、授業の質は変わないと思うよ。スピーキングの時間はみんな話せるからスムーズに進むし、むしろモロッコの方がいいかも。

モロッコでフランス語学校にいくメリットってなに?

結局モロッコのフランス語学校にいって、よかったの? そこ重要ですよね。

まだ、行っている最中ではありますが、モロッコでフランス語学校に行けてとても良かったです。

たしかに、話せるモロッコ人の中に1人だけ明らかに会話力がないクラスにいるのは、苦痛ですが、話さないと!という緊張感や焦りが生まれ、間違っててもいいから言わないという気持ちになれます。だからこそ、スピーキング力を伸ばすのに最適の場所だと言えます。
また、モロッコ人は、優しく心穏やかな人が多いです。なので、心置きなく堂々と間違えることができます。間違えてばっかだな 

そしてなによりも、コスパが非常に高いです。
十分な質の授業を受けれて、フランスで語学学校にいくよりも断然安い金額で受けることができます。生活費も本当に安いので、日本やフランスで語学学校にいくよりも、モロッコでいくことをオススメします。

モロッコでフランス語学校にいくメリット

  • みんなが話せるからスピーキング力を伸ばすことができる
  • モロッコ人の温かさで自信につながる
  • 質が高い授業を格安で受けれる

まとめ

いかがだったでしょうか?

フランス語を学んでいる私たちの状況はこんな感じで、モロッコでフランス語を学ぶ選択をして本当に良かったなと感じています。

毎日が楽しいし充実しています!

そして声を大にしていいたいです。

フランス語を学びたい人モロッコにおいでーーーー!

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする