【最新】ライアンエアー(Ryanair)荷物・注意点の詳細!鬼畜ってのは本当?

スポンサーリンク

こんにちは。なおです。

先日、イタリアのローマのフィウミチーノ空港から、フランスのマルセイユのプロヴァンス空港まで、初めてライアンエアーryanairを利用しました!

ライアンエアーは鬼畜すぎる!厳しい!と言われていますが、利用した感じはどうだったのか?

EU圏内の移動の注意点や気付いた点、手荷物の厳重さなどもも記載していきます。

また、2018年からプライオリティーの制度もできているので、それらの詳細なども記載していきます。

ライアンエアーに乗る予定の人は、ぜひ参考にしてください。

関連記事【体験談】ライアンエアーでの失敗談。遅延?乗り遅れ?帰れない!?

出発の何時間前に空港にいればいい?

まず、私は今回ローマのフィウミチーノ空港からの出発だったので、空港には、飛行機出発の3時間前に行きました。

空港には最低でも1時間前には着いてる必要があります。

ただ、出発の空港が大きい空港の場合は、たいがい混むので2時間から3時間くらい前には行った方がいいですね。

私の出発のフィウミチーノ空港はとても大きくて利用する人が多い空港なので、出来るだけ早く行きました。

なお
超混んでたから、早めに行ってよかった!

チェックイン方法

ライアンエアーの場合、オンラインチェックインをする必要があります。

※オンラインチェックインをしていないと、当日50ユーロかかります

出発の60日前から出発の2時間前までオンラインでチェックインが出来ます。

ライアンエアーのホームページもしくはアプリから行えます。

ちなみに、出発の4日前からオンラインチェックインは無料ですが、それ以前は4ユーロ~ 席料がかかります。

私の場合は、飛行機のチケットを取得したのが、出発日の1ヶ月前だったので、そのまま4ユーロ払ってチェックイン手続きも済ませました。(心配性なので笑)

オンラインチェックした後、チケットを印刷しておく必要があります。アプリで提示でもオッケイです。

EU圏外の人は、カウンターに行く必要あり?

もし、預け荷物がある方はカウンターに並んで、預ける必要があります。(預け荷物の申請・支払いは事前にインターネット上でする必要があります)

ライアンエアーからのメールには、EU圏外の人はオンラインチェックをした場合でも(預け荷物がなくても)一応カウンターに行ってくださいとのことが書いてあったので、私もカウンターに並びました。

結構混んでたので、30分ほど並んでカウンターに行った結果、

カウンターの人
オンラインチェック終わってるの?あなたは並ぶ必要がなかったわ。
なお
え!!!なんやねーん!

まあ半分予想がついてたんですけど、確認くらいしてくれたら並んだかいがあったな!とか思えるのに!笑

っと思いながら、カウンターを後にしました。笑

ということで、オンラインチェックが終わってた私は、カウンターに行く必要がなかったです。(ヨーロッパ在住のいとこの叔母も日本パスポートで、ライアンエアー利用しますが、いつも確認は必要ないようです)

ただ、これは空港によって若干違ってくる可能性はあるので、心配な方はカウンターに寄ったほうが安全です!

手荷物検査はあるの?

手荷物検査は、もちろんですがあります。

EU圏内だから、液体などの検査もゆるいのかな~!?と思っていましたが、普通に他の国際線とそこは同じでした。

出国検査はあるの?

ここイタリアのフィウミチーノ空港では、出国検査はありませんでした!

手荷物検査を受けた後は、EU圏内ゲートとその他の国際線のゲートは別々になっており、

国際線のゲートは出国検査がありますが、EU圏内のゲートは出国検査はありませんでした。

ただ、これも空港によって違ってくると思いますが、EU圏内であれば基本的に出国検査はなさそうです。

あとは、搭乗ゲートに向かうだけでオッケイです。

搭乗ゲートがコロコロ変わる!?

無事、1時間以上前に搭乗ゲートに到着して、ももちゃんに買ってもらったチョコレートを食べながら待っていると…。

なんだか、搭乗ゲートに全然人がいないな~。と思って、もう一度掲示板を見てみると、

マルセイユ行きの私の乗る飛行機の搭乗ゲートが変更になってました.。汗

なお
すぐ確認しておいてよかった~。汗

とう感じなので、LCCに限らずですが、(特に大きい空港)よくゲートが変更になるので、逐一確認する必要があります!

ライアンエアーは遅延が本当によくある

LCCあるあるきました。

1時間の遅れです。まあ、1時間ほどの遅れは予想していました。

仕方ないので、ゆっくり待ちます!!

なお
チョコレートを食べながら!

プライオリティーとノンプライオリティー

最近、ライアンエアーの制度が変わって、プライオリティー制度ができました。

写真にあるように、機内に持ち込む手荷物が制限されたよー!とう感じです。

(プライオリティーになるには5ユーロ払う必要があります。)

ただ、この写真だけみると、ノンプライオリティーだと、なんだか小さい荷物しか機内に持っていけない?と思いますよね。

けど、しっかり読んでみると、実はノンプライオリティーでも機内には2つ持ち込むことができます。

ただし、スーツケースのような大きめのもの(55×40×20)は、機内に乗る直前に預ける必要があります。要するに自分の手元には置いておけませんよ~。ということです。

なんでこんなややこやしいのかというと、

以前にライアンエアーで、座席の上部にある荷物を収納するスペースが全然足りなくて、遅延してしまう!!という問題があったみたいで、

こういった最初に荷物を集めるという対策をしてるようです。

なので、ノンプライオリティーだと、スーツケース系の手荷物は搭乗の際に預ける必要があり、プライオリティーだと、預ける必要がなく座席上部の収納棚に預けれる仕組みです。

ただそれだけの違いなので、個人的には特にノンプライオリティーでいいのかなと。

あと、搭乗の順番はもちろんプライオリティーが優先です。(荷物があるからね)

手荷物検査の重さは測られる?

ライアンエアーでの手荷物の重さは10kgまでとなってます。

これって厳格なのかな?ときになるところですが、

このフィウミチーノ空港では、誰も測られることがありませんでした。

明らかに重そうな人も、全然普通に搭乗していたので、重量に関しては結構緩めのイメージです。

他の空港ではわかりませんが、ググってみた感じ、特に調べられたという人もいなさそうなので、そこまで心配しなくてもいいんじゃないかな!

かといって明らかにデカイ・重そうなのは気をつけてね!

機内はとても簡素

搭乗後、無事に飛行機に乗れました。

といった感じで、1時間遅れで飛行機にまず乗ることができました。

機内は、本当に簡素で、充電するコンセントすらないので、気をつけてください。

ただ、別に数時間乗って、気になることは何もなかったです!!!

とても快適な飛行でした!

ライアンエアーは別に鬼畜でも何でもない!普通のLCC!

ライアンエアーは、鬼畜だ!厳しい!安いけど色々なところでお金がかかる!など、結構ネガティブな情報が多かったので、心配していましたが、追加料金もなくまったく問題なく乗れました。

しっかり事前に、オンラインチェックのことと、荷物のことなども把握していたので、それさえしっかりやっていれば、全然スムーズに乗れますよ!

遅延だけはどうにもならないけどね…。笑

ただ、私の場合この先が焦り焦りの始まりでした。笑(ライアンエアーのせいではないです笑)

この話は、こちらの記事↓

関連記事【体験談】ライアンエアーでの失敗談。遅延?乗り遅れ?帰れない!?

読んでくれてありがとうございました!!

合わせて読みたい

【保存版】旅行好き必見!航空券を1番安く探す方法を全公開!

【書籍】これまでの人生で衝撃を受けた本を紹介します。

海外に行くならKindleにすべき5つの理由!ミニマリストにもオススメ!

関連コンテンツ
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする