【ヨーロッパ】フランスからイタリアに移動しました。

スポンサーリンク

こんにちは。なおです。

フランスのニームからイタリアのトリノに移動して、それからこのフィレンツェの近くの田舎町にやってきております。

今回も移動が大変でした。泣泣

とういうことで、大変だった移動を書き留めておきます。笑

あっ。ただの日記です。

(※参考 2017年2月26日時点 1ユーロ=約132円)

今回の移動の方法・費用

方法

今回もバスです。笑

ニームは小さい都市なので、LCCが飛んでないのです。泣

ってことで、私たち定番の格安バス会社FLIXBUSにお世話になりました。

ニームからフィレンツェまではバスで、いとこがいる村までは電車です。

費用

今回はニームからトリノまで1人23ユーロ(約3,036円)

トリノからフィレンツェまで1人29ユーロ(約3,838円)

なので、ニームからフィレンツェまでは全部で52ユーロでした。

日程

23日の10時頃ニームを出て、17時にトリノ入り。

23日の22時にトリノを出て、24日の6時にフィレンツェ入りしました。

そこから、村まで電車と車で行って、9時頃にいとこの家に着きましたーーーー!!!

長かった。笑

フランスのニームのお宅から涙のバイバイ

フランスのニームにおばあちゃんと一緒に1ヶ月住んでいた私たちですが、

とうとう涙のお別れタイムが来てしまいました。泣

この大好きなお家ともバイバイかー。

ただ、5月からもう一度ニームに帰ってきます。笑

ニームは本当にいい街です。みんな本当にいい人。

とうことで、おばあちゃんにバス停まで車で送って行ってもらいました。優しい。

移動中の景色に感動と絶望

ニームからトリノに移動する時の景色が綺麗。

と思ったら、雪が降ってきた。久しぶりに見る雪。怖いよー。

北海道出身のえみは雪に嫌気がさしてるらしいけど、久しぶりに見るとちょっとテンション上がってる。笑

トリノに着いたぞーーー!!!

夜の17時にトリノに着きました。

国境を越えてますが、もちろんパスポートチェックなんてございません!!

そして、ここからはフランス語は通じませんぬ。笑

ただ、トリノは普通に英語通じました。

着いてから、荷物を持ちながら近くのカフェへ。イタリア入って初めてのエスプレッソ。

(本当は飲みたくなかったんだけど、店員さんのごり押しでエスプレッソ)

うん。濃い。笑

濃いな〜。しかもちっちぇぇ。笑

こんなん1秒で飲んじゃう。

イタリアは席に座ると席料がかかります。立って飲むとこのエスプレッソは1ユーロ(132円)。

椅子に座って飲むと2ユーロ(264円)

面白いよね。

もちろん荷物が多くて死にそうな顔しているうちらは座って飲むけど。笑

ゆっくりふーってしてたら、

もう閉店だよ〜って15分後に追い出されました。

イタリアでピザ

仕方ないから、ピザ屋に移動してご飯!!!!!

マルゲリータ

ゴルゴンゾーラのピザ

普通に美味しいんだけどね。

店内が寒すぎる……。

外もめっちゃ雨降ってきて、エミのお腹も痛くなる。辛いやつ。

とりあえず、ずっといるわけにもいかないので、移動することに。その時点で20時。

バスは22時なので、それまで2時間どこかで待たなければいけないけど、バス停の近くには1つのケバブショップしかない。笑

仕方なしに、そこで待つことに!!!!

そして、そこで紅茶を頼んで待ってるのはいいけど…..。

さみぃぃいいいいいいいいぃ

本当に寒い。笑 外も大雨。中も激寒。

地獄の2時間を過ごしました。

バスが来た!!!

22時まで激寒ケバブショップで待って、(追い出されないだけよかったし、優しいけどね)

バスが来て乗り込んで、暖かさに感動!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

バス最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

おやすみなさい。

フィレンツェに到着!!!

フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅に到着して(急いでいたので画像なしごめんなさい)

急いで、電車に乗り込む!!!

イタリア人は適当すぎて大変。笑

シエナ駅まで電車で行ったら、いとこのお父さんのマルコが迎えに来てくれました!!

ありがとうーーーー!!!!

ということで、田舎の村にいますが、景観が世界遺産という絵になるような街に着きました。

くみちゃん(お母さんの妹)の働いているカフェで朝ごはんを食べて

最高な滞在になりそう。最高。

ということで、また明日この最高な生活については書きます。

読んでくれてありがとうございました!!

良かったと思ったら、クリックお願いしまーす!
ポイントが入り見てくれる人が多くなります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合わせて読みたい!

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする