最新!ニュージーランドで銀行(ANZ)開設の流れ・注意点!英語例あり。

スポンサーリンク

こんにちは。なおです。

ニュージーランドで留学やワーホリに来る方で、最初にやるべき+めんどくさいことは、

なんといっても「銀行開設」ですよね。

私たちは、ニュージーランドに来てANZで銀行口座を1週間ほど開くことができました。

また、Airbnbを使って来ているので、Airbnbの住所でも開設できるのかどうか

なども書いていきます。

失敗した点も踏まえて書いていきますので、

これからワーホリや留学でニュージーランドに行って銀行開設するけど不安!

どんな感じで銀行は開設できるのか知りたい!

という方は是非参考にしてください。

どこの銀行がいいの?

ニュージランドには、大手の銀行がいつくかありますが、ワーホリビザでも口座開設が比較的簡単にできるのが、ANZ、Kiwibank(郵便局)になります。

その2つのうちANZが大手でとにかくニュージーランド中に支店が多いので、ほとんどの人がANZを利用するようです。なので、銀行はANZをおすすめします。

私たちは、オークランドのシティー内に住んでいるので、クイーンストリートのANZの支店で口座を開設しました。

まずANZで口座開設のために必要なもの

・住所証明の書類 ※1

・パスポート原本

・ワーホリビザのコピー

・電話番号(できれば)

・現金20ドルくらい ※2

※1 住所証明

公共料金の支払いや、何かの領収書などに書いてある住所が証明できるものが1番いいとされてます。

他にも、ホストファミリーのものと泊まる人は、学校から住所付きの書類などをもらえるのでそれらでも大丈夫です。

他にもホテルやバックパッカーに泊まっている人も、しっかり受付があるホテルの、レターや一筆であれば大丈夫と受付の人に言われました。

私たちは、Airbnbを利用して来ていたので、領収書をコピーして持って行こうと思いましたが、

もしかしたらダメかもしれないと思ってANZに相談したところ、やはりAirbnbの領収書では不可でした。

ただ、私たちの場合はフラットのオーナーと一緒に来てくれればOKとのことでした。

ただ、他にAirbnbで来ていた人は領収書だけで開設できたようなので、そこらへんはグレーゾーンで、支店によって対応が違うようです。笑

Airbnb経由で泊まっているという人は、まずは領収書を持って行って聞いてみてください。

※2 IRDが必要なら現金を持って行ってね

実際に、ANZの口座開設には現金は必要無いですが、IRDナンバーの申請をする人は、現金を持って行きましょう。

IRDナンバーの申請時に、銀行口座の証明書が必要になります。

その際に1回以上の銀行の取引がないと、証明書が出せないようなので、銀行口座を開いた直後にATMでお金を預けて引き出すといった行為をする必要があります。

なので、IRDナンバーを申請する予定の人は、現金を持って行って、証明書もついでにもらいましょう!

銀行開設までの流れ

開設のための予約

銀行口座を開くために必要なのは、まずは「予約」です。

ニュージランドは日本のように、銀行に行って、その場ですぐに口座を開設!とういうのが出来ないです。(田舎はできるかも)

なので、まずは銀行口座を開設するための「予約」をしに行きます。

最寄りの支店に行って、銀行口座を開きたいとの旨を伝えます。

*その際に使える英語例*

「銀行口座を開きたいのですが?」

I’d like to open a bank account, please.
Is it possible to open a bank account with you?

このように頼むと、受付の人が予約できる日を教えてくれます。

なので、都合のいい日と時間が合ったら、その日で予約頼みましょう。

予約のカードと、持ち物リストが書いてある紙がもらえるので、予約カードは無くさないようにしましょう!

予約した日に支店に行く

予約した日・時間に銀行に行きます。

ここでの所要時間は25分〜35分ほどです。

銀行の店員さんは多国籍でみんないい人でした。(もちろん支店にもよりますが、ニュージーランドに住んでいる人は、比較的穏やかで親切なので、安心していいと思います。)

*その際に使える英語例*

「予約をしてある(名前)です。」

I have a reservation for 名前
I have an appointment under 名前

予約している旨を伝えると、

開設ようの場所に案内され、それぞれ担当の人がいるので、その人があなたの銀行口座を開設してくれます。

必要書類をまず渡す必要があるので、持ってきた必要書類を渡しましょう。

開設口座の種類を聞かれる

口座の種類はいくつかあり、日本のように普通預金だったり定期預金などあるようです。

それらを説明された上で、どれがいいのかと聞かれますが、英語が聞き取れない人もいると思うので、ワーホリや留学の場合は、

普通預金のGO account(利息無)とonline account(利息有)の口座だけで十分かと思います。

どちらもオンラインで管理できます。

*その際に使える英語例*

「ゴーアカウントとオンラインカウントがいいです。」

I’d like to open a GO account and an online account, please.

銀行カードの種類を聞かれる

銀行のカードの種類は、デビットカードがいいのか、EFTPOSがいいのかを聞かれます。

デビットカードは、維持費が年5ドルかかりますが、お店はもちろんインターネットで買い物する時も使用できます。

一方EFTPOSは、維持費は無料です。ニュージランドとオーストラリアのお店ならほとんどの場所で、デビットカードのように利用できます。(ネット通販などの際の支払いは不可)

どちらでもいいですが、インターネットで買い物する予定の人はデビットカードの方がいいですね。ただ、少しですが年間費もかかるので注意です。

私たちは、EFTPOSを選択しました。

*その際に使える英語例

「デビットカード(エフトポス)がいいです。」

I prefer a debit card.
I’d like to have a EFTPOS card, please.

暗証番号などを設定する

暗証番号(ピンコード)を設定したり、

オンライン上で残高などを確認したりする方法を教えてくれます。

この際に電話番号があると色々やってもらえるので、できるだけ電話番号をゲットしてから、この銀行口座開設をしましょう!

銀行口座証明書を発行してもらおう!

ほとんどの人の場合IRDナンバーのために、銀行口座証明書が必要になってくると思います。

なので、その場合は、銀行口座証明書をもらうように頼みましょう。

*その際に使える英語例*

「IRDのために、銀行口座証明書が欲しいです。」

I’d like to have a Bank Balance Certificate for IRD.

ただ、ほとんど場合、店員さんがこれらが必要なこのをわかっているので、何も言わなくても作ってくれます。

これで無事に終了です!!!お疲れ様です。

注意点:私たちの失敗

私たちは、銀行を開設するのに1週間ほどかかったと言いましたが、

それだけの日数がかかった理由は、

予約をオンラインで申請したからです。

ANZの銀行口座開設の場合、オンラインで予約が取れるということだったので、私たちはそれらを利用して、オンラインで予約申請をしました。

そして、返答を3日ほど待ったのち、ANZから電話がかかってきて、

まさかの言葉が返ってきました。笑

「オークランドシティーから離れている支店なら予約がとれるけど、オークランドシティーがいいなら自分で予約し直してください。」とのこと。

え。予約した意味。この待っていた3日間はなんだったのか。

という感じになって、結局オークランドシティー内の支店に行って予約を直接とって、という2重で手間がかかってしまいました。

なので、オンラインでの予約はお勧めしません。特にオークランドのシティーで口座開設する予定の人は、直接言った方が早いので、

私たちのように、オンラインの方が早いだろしめしめ・・・!と思うと痛い目に遭います。笑

ニュージランドでの銀行開設は難しくない!

もし英語が苦手な人だったら、銀行開設って聞くと、

いきなり壁高すぎ!と思うかもしれませんが、実際はそんなに難しいものでは無いです。

確かに、日本とは違って、結構おしゃべりをしながら進めていきます。個人的なことも聞かれます。(これから何する予定なの?など)

ただ、分からないなら分からないと答えれば大丈夫です。試験じゃないので大丈夫!!

また、もし必要なことが理解できなかったり、言いたいことが言えないときは、スマホで翻訳したりと、なんとか乗り切れます!

そして、今回書いた上記の流れさえ、意識すれば特に難しいことはあまり無いので、

是非参考にして銀行開設頑張ってください!!

何か質問があったら、ブログのお問い合わせか、コメント、インスタのメッセージなどで送ってください!

読んでくれてありがとうございました!

もしよかったらポチって押してあげてください。
ポイントが入ります!!!!!(登録は必要ないです。)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

人気の記事保存版】旅行好き必見!航空券を1番安く探す方法を全公開!

人気の記事海外旅行に行きたいなら、今すぐ格安SIMにすべき

人気の記事ワーホリや海外旅行に行く際、日本から絶対持って行った方が良いものを紹介!

関連コンテンツ
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする